キャッシングの審査に通るには

キャッシングしたいと思っても、消費者金融会社には審査があります。審査に通らなければお金を借りれません。では、どういう条件であれば審査に通りやすいのか調べてみました。

まずは、よく言われる安定した収入のある人です。年収200万以上という目安があるようですが、金額よりも定期的に収入があることが重視されます。パートやアルバイトでも審査に通る会社もありますが、正社員のほうが間違いないでしょう。

そして今までに返済の延滞がない人。また、他社から複数の借入がないことも大事です。4件あるいは厳しいところでは3件あれば通らなくなります(ここでの借入とは住宅ローンや自動車ローンのことではなく、無担保、無保証人の借入のことです)。

他社からの借入が年収の三分の一を超えている場合。消費者金融会社は総量規制によって、年収の三分の一を超えて融資はできないことになっています。

勤続年数が短すぎる(できれば一年以上)のも不利になります。だからと言って、書類に嘘の記入は厳禁です。嘘は必ずばれます。また、キャッシングの申し込みは一社だけにしましょう。複数の申し込みを同時にすると、その実績は個人信用情報として記録が残ります。審査にあたって会社は必ず申込者の個人信用情報を照会しますので、審査に通らなくなります。

これらのことを頭に入れて審査に挑めば、審査を落とされる確率はかなり少なくなるのではないかと思います。

Comments are Disabled